« グレートバリアリーフを泳ぐ 1日目−part2− | トップページ | グレートバリアリーフを泳ぐ 2日目−part1− »

グレートバリアリーフを泳ぐ 1日目−part3−

今度はアーミーダックという水陸両用の車に乗ってジャングル?を駆け巡る。
as05013005
このアーミーダックは軍隊のなごりの車だそうな。
水の中でもおかまいなし

そしてキュアランダ村に戻ってお昼
as05013006
お勧めのハンバーガーだけど、これがデカイ
周りの女性は結構残してたけど、とりあえずハンバーガーは全部たべきりました
くるしい(>ε<)

そして、キュランダ村散策
かなり暑い。のでとりあえず帽子を持ってくるのを忘れた友人の帽子探しをしよう。帽子を買ったころには暑さで憔悴しきってて、ホントは幸せの青い蝶が見れるという蝶館があってみてみたかったけど、断念。

そしてスカイレールでこのジャングル&キュランダ村を下る。
このジャングルこと熱帯雨林が世界遺産なんだよね。
このスカイレールを国じゃなく、個人の人が作ったっていうだからすごい。このスカイレールは世界で2番目に長いみたいだけど、なんと世界で1番長いリフトは苗場の『ドラゴンドラ』
以外なところで世界一だった。

ケアンズ市内でツアーに組まれてルのか、『JJ』というジュエリーショップでオパールの人工物と天然物の見分け方を教わる。とくに分かりやすいのは黒オパールで裏をひっくり返したときに石の色がグレーのようなコンクリの色をしてた場合は人工物だったかな。
人工物といっても表面のきれいな部分は本物で、本物を薄くカットして裏側に作り物を貼るらしい。
私の誕生石がオパールだから絶対ケアンズで買って帰りたい。でもまだ買うには早いかな、初日だしね。

一旦ホテルに帰ってチェックイン。
友人2人は初海外らしく、全て私がやるのね。゜(T^T)゜。゜
私も英語喋れるわけじゃないのに〜

そして歩いて夕食を食べるカーニーズへ。ホテルの裏は海岸沿いで散歩してる人やバーベキューしてる人もいる。しかもケアンズ市街そばの海は干潟なのか水があまりない。だから人工プールが作られてて無料で入れる。それにしても、

汗ダクダクです。

しかもTシャツにジーパンってカンジだったのだけど、これは絶対スカートのがいいね。周りみてもうちらが一番暑そうな格好してる。

日本人って湿気の多い国なのに厚着だよね。ダクダクでカーニーズ到着。

日本人ばっか。やっぱりみんなツアーデスクでここを選ぶのね。
でも料理は最高においしかった。最初に出て来たカニのスープとか絶品。スパゲッティーもおいしい。メインは

as05013007

おいしい。ちょっとカキは微妙に日本のと味違うかな?
ロブスターとあと海老のでっかいやつもおいしいし、最高!

ん?これ、この海老のでっかいやつひょっとして蝦蛄?
蝦蛄食べちゃった、私!?Σ( ̄∇ ̄|||

蝦蛄は前に友人から『知り合いの警官の人から聞いた話で水死体に蝦蛄がたっぷりくっついてたんだって』という話を聞いてから蝦蛄は食べないと決めてたのに・・・。

この話を目の前にいる友人に話したら蝦蛄なのかどうなのかという話になった。
途中デザートを聞きにきた店員がうちらがあまりにも蝦蛄について話しているので『これは蝦蛄ではなくセミエビです』と言ってた。

よかった〜

|

« グレートバリアリーフを泳ぐ 1日目−part2− | トップページ | グレートバリアリーフを泳ぐ 2日目−part1− »

オーストラリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102580/4721322

この記事へのトラックバック一覧です: グレートバリアリーフを泳ぐ 1日目−part3−:

« グレートバリアリーフを泳ぐ 1日目−part2− | トップページ | グレートバリアリーフを泳ぐ 2日目−part1− »