« グレートバリアリーフを泳ぐ 2日目−part1− | トップページ | グレートバリアリーフを泳ぐ 3日目−part1− »

グレートバリアリーフを泳ぐ 2日目−part2−

ポンツーンへ行く前に船の中でスクーバードゥーの講習を受ける。一通り受けたあと友人達は眠ってしまったので一人で船の中でひたすら流れてるビデオを見ることしにした。友人はひたすら左右に揺れてて目の前の外人さんにちょっと笑われてたけど

途中、船の中でお酒が飲めなくなるからとかの理由で旦那がやっぱりスクーバードゥーをやらないとか言い出した人がいてインストラクターのお姉さんが説得してたなぁ。お酒はいつでも飲めるけどスクーバードゥーはここでやるべき!みたいなカンジで。

そしてポンツーン到着

思ったより小さいな、ポンツーン。スクーバードゥーをやるためにポンツーンの端っこ集合。
as05013103

耳抜きできるかしら。
まずはこのスクーバードゥーの中にはいるためにくぐらねば。
とりあえず潜り成功。

潜った先にはまたもカメラマン構えてた
一旦水に潜ったせいか髪の毛貞子だから即効直してパチリ

途中途中で一旦とまって耳抜き。
結構スピーディーに事が進むから耳抜きが大変。

どのくらい潜っただろう?結構深く潜ってインストラクターのお姉さんの指事に従ってボタンを押してバイクを進める。

あっナポレオンフィッシュ!!

でも右手でボタン押してるからシャッター押せず。残念。
途中お姉さんがさらに潜ってやたら固い『なまこ』を持ってきてくれたけど、ナポレオンフィッシュのが見たかった。このスクーバードゥーって珊瑚礁のそばまできててぶつかりそうなのにぶつからないのはやっぱりこの球体の窓が距離感を縮めてるのかな。

上にあがって昼食を取って今度はポンツーンでのスノーケリング。
ライフジャケットとゴーグル、足ひれかりて潜ってみました。
すごい、これはなかなか楽しい。

あっまたしてもナポレオンフィッシュ!

as05013104
分かりづらいけどなんとか写真撮れました。
多分ナポレオンフィッシュって比較的人に寄ってくる魚だと思うんだけど、私があまりにも執拗に追い回すからかなり必至で逃げてた。

あーもう少し泳いでいたかったけど、ポンツーンを去る時間になってしまった。帰り船の中ではほとんどの人が寝てたけど、ビデオを流してたモニタにカメラマンが撮った写真がひたすら流れはじめた。自分の恥ずかしい水着写真とかあったけどスクーバードゥーの写真は欲しい!2階建ての船の1階で写真のインデックスがあるらしい

隣で友人寝てたけど1階へ降りてみたら欲しい写真が5枚ほどあった。どうしよう。1枚20ドルもする。2階の友人のそばにいって自分のサイフの中身と相談しながら1階と2階を3往復くらいして結局4枚購入。80ドル。写真に約8000円もかけるなんて、バカだなぁ〜と思うけどしょうがない。

ちなみに友人の購入枚数は1枚か2枚くらいだった。

リーフターミナル到着
バスでホテルへ戻る途中、宇宙と交信をしている人達発見。
バスの中から彼らの撮影成功as05013105
ホント彼らは一体何をしているんだろう????
あっ!ナハナハの練習かー
ウルトラパンチ(*゜∇゜)-○))~~~~─○))゜ロ゜)/イデェェ~~~

少しホテルで休憩したあと夕食を食べに予約した『レッドオーカー』へ。
昨日はシーフドだったけど今日は肉がメインです。
ここで食べた肉はカンガルー、エミュー、牛、ワニといったカンジ。友人2人はカンガルーがどうにもダメらしい。確かにちょっと微妙な歯ごたえかも、でも私はエミューのがきっついかな。ワニはおいしかった。

それにしても私達の泊まってるホテル『MATOSON RESORT HOTEL』は中心街から外れててなかなか遠い。しかもこれ夜中はちょっと危険なカンジするよ。廻り民家だらけで真っ暗だし。

帰りにコンビニで緑茶購入。
お茶なのに甘い。

|

« グレートバリアリーフを泳ぐ 2日目−part1− | トップページ | グレートバリアリーフを泳ぐ 3日目−part1− »

オーストラリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102580/4723460

この記事へのトラックバック一覧です: グレートバリアリーフを泳ぐ 2日目−part2−:

« グレートバリアリーフを泳ぐ 2日目−part1− | トップページ | グレートバリアリーフを泳ぐ 3日目−part1− »