« 女の争奪戦の結果は | トップページ | ドレスコードについて考える »

ハリケーン「カトリーナ」

3日連続ブログを書いてるから今日はお休み!って思ったけど今朝Yahooニュースでちょっと恐いの発見してしまいました。

カトリーナによるニューオーリンズの被害を報告してるブログがある。

それによると、一部ニューオーリンズの人達が暴徒化したらしいとのこと。
その中には

警察

もいるらしい。

恐い。
まるで高校の時、友達から借りて読んだドラゴンヘッドみたいだ。
やっぱりいつもと違う状況に置かれると、そういう事起きちゃうんだろうか?
ブログを書いてるBarnett氏は、基本的にはビルの中にいるらしいのだけど、以下引用

***************
「警察が略奪行為を行っているが、これは複数の情報源から確認が取れている。略奪行為の一部は『正当』と言えるかもしれない。もっとも、この状況で『正当』という言葉に何らかの意味があればの話だが。警官らはATM荒らしや金庫破りもしている。これらも確認済みだ。実際に複数の目撃者がいる。また、彼らは公用の名目で自動車ディーラーから十数台のSUVを持ち出し、さらに銃器店や質屋から銃などの小型の武器を略奪した。おそらく『犯罪者』による略奪行為を防ぐためと思われるが、彼らの真の意図など誰にも分からない」
***************

下手にハリケーン情報を得てもいつ来るかわからない救助を待つってところからの恐怖と比較的低収入層が多い黒人が多く住むニューオーリンズ、彼らはきっと逃げる手段もなかったんだろうと思う。
ブッシュに見捨てられたと思ってる人も多いとか。
で、暴徒化してしまったんだろーか
でもテレビのニュースではあまりこの手のニュース聞いてない気がする。今日のNews23でも。

今回の救助活動はすごい遅かった、でも日本で同じような事がおこった場合(この場合地震とか)暴動は起きるんだろーか。あまり想像ができないのは平和ボケをしてるからか、今回のニューオーリンズの状況(アメリカの貧困層&人種のるつぼ)とはあまりに違うからか。

050906目下日本はハリケーンの心配はないけど地震と台風の災害が心配。最近売れまくりという災害グッズも集めといた方がいいのかな。あと
「彼女を守る51の方法—都会で地震が起こった日」の本とかも立ち読みしておこうか・・・。もちろん私に彼女はいないし、いらない(当たり前)けど、なんか勉強になるかも?

ちなみに今回のハリケーンの名前なぜカトリーナかって不思議だったんだけど、ハリケーンは男の名前と女の名前を交互につけるみたい。でもカトリーナって・・・。

Barnett氏が書いたブログを実際に読めたら現状もっとわかるんだろうけど、私は英語が読めません。こういう時英語使えたらってホント思うよ。

あっなんかマジメな話になっちゃった

【関連ニュース】
Yahooニュース
ブロガーは見た--ハリケーンに襲われたニューオーリンズの惨状

海外CNET Networksの記事

|

« 女の争奪戦の結果は | トップページ | ドレスコードについて考える »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

TBをいただきありがとうございました。
こちらからもさせていただきました。

カトリーナは、浸水の被害のみならず、根強く残るアメリカ社会のしこりを浮き彫りにしたような感じですね。大統領が指導者としてすべきことは何か、問われるときなのかもしれません。

投稿: kaki | 2005年9月 7日 (水) 10時33分

>kakiさん
コメントありがとうございます。
まだまだカトリーナの被害拡大してますね、アメリカはテロに対する費用は20兆円なのに対し自然災害は20億円しか予算が組まれてないとか。すごい差です。去年だってあんなに自然災害でたというのに・・。

投稿: 管理人 | 2005年9月 8日 (木) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102580/5821793

この記事へのトラックバック一覧です: ハリケーン「カトリーナ」:

» ハリケーンと台風 [koolpaw memo(涼掌亭 別館)]
RSSリーダーに登録している個人ブログのほとんどでニュー・オリンズのハリケーン被害のことがほとんど触れられていないので、さすがに誰か言及しておかなければいけないんでは?と思いこのエントリを書くことにする(9/5) 現地発ブログ中の「警官が略奪」についての個人的...... [続きを読む]

受信: 2005年9月 7日 (水) 03時26分

» カトリーナと加害者、被害者 [ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘]
今回の巨大ハリケーン「カトリーナ」、そして今、上陸している「台風14号」。いずれも気象災害です。 IPCC(気候変動に関する政府間パネル:WHOとUNEPによってつくられた科学者の集まり)の第三次報告書では、1990年を基準とすると2100年までに1.4〜5.8℃の地表平均気温が上昇すると言われています。 さらに重要なことは最近50年間の温暖化のほとんどが「人間活動に起因する」ということです。また「温暖化が進むと気候が極端化する」と言われています。集中豪雨などの洪水の頻発化、また反対に少... [続きを読む]

受信: 2005年9月 7日 (水) 09時33分

» 温暖化による豪雨は天災と呼べるか [私らしく…]
台風14号は、強い勢力を保ったまま九州に上陸しました。 アメリカを襲ったハリケーン「カトリーナ」よりも暴風域は大きいとも言われています。 大きな被害が出ないことをお祈りします。 日本は台風の多い土地だと聞いたことがありますが、ここ数年、日本だけでなく全世....... [続きを読む]

受信: 2005年9月 7日 (水) 10時27分

» ハリケーン「カトリーナ」の被害は予測されていた… [from ayako]
図書館に行ったら、たまたまNATIONAL GEOGRAPHICの「ハワイ 火山国立公園」という表紙の号が目に入り、借りて来た。ハワイ島のキラウエア火山のことがいっぱい書いてあるんじゃ…と思ったのだけど、そちらはそれほどの量ではなく、特集ってコレくらいのものなのね、と思う。モチロン火山の写真は美しく、圧巻だったけれど。 それより目を引いたのは同じ号に載っていた別の記事。「海に沈みゆく大湿地帯」というタイトルの記事で、アメリカのルイジアナ州にある広大な(東京都の4倍の)面積の湿地帯が一日にフット... [続きを読む]

受信: 2005年9月12日 (月) 14時04分

« 女の争奪戦の結果は | トップページ | ドレスコードについて考える »