« 最近はじめたこと | トップページ | 驚愕の事実 »

天使と悪魔

久々に本の紹介です。
やっと今日読み終わりました。長編大作です。


天使と悪魔天使と悪魔

この本の著者ダン・ブラウン氏は
『ダヴィンチ・コード』も書いた人で、今回の天使と悪魔は同じシリーズの1作目。

主人公ラングドンが秘密結社イルミナティーとヴァチカンの謎について迫るサスペンス。

謎解きとヴァチカンの細かい描写がほんとすごい。大どんでん返しもあるし

ダヴィンチ・コードを読んだ時にも思ったけどこのダン氏は相当な量のキリスト教、物理学、ヴァチカン、フリーメーソン(秘密結社)を調べて本を書いてるなーと感心してしまう。
宗教に疎い日本人がきっかけに読むのもいいかもしれない。

そしてイタリアに行ったらぜひヴァチカンにも行きたくなる事間違いなし!

とりあえず、本のシリーズ3作目はいつでるかまだわからないので、
来年6月に上映されるという『ダヴィンチ・コード』を観て待とうかな。
主役のラングドンをトム・ハンクスがヒロインのソフィー・ヌヴーをオドレイ・トトゥが演じるみたいだし。これは楽しみ♪

|

« 最近はじめたこと | トップページ | 驚愕の事実 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

そうなんだぁ。
オードレイ・トトゥかあ。アメリだよね♪
観たいなぁ。
『Always 三丁目の・・』も観たい!

投稿: ぺ♪ | 2005年11月14日 (月) 08時44分

当ブログへ書込み有難う御座います。
時々寄らせていただきます。宜しくお願いします。

投稿: Crazy-T | 2005年11月14日 (月) 11時10分

こんにちは☆
ほんと、この本もダヴィンチコードも面白いですよね!!
宗教的な絡みのあたりは、日本人には馴染みが薄いので
尚更興味深いし。

投稿: allantmamaniere | 2005年11月14日 (月) 11時33分

>ぺ♪
『Always 三丁目の・・』いいらしいよ
うちの親もう一度みたいって言ってたし。

>Crazy-T さん
書き込みありがとうございます!!!
くだらないブログですが、是非みにきてください。

>allantmamaniere さん
この本みると、やっぱりヨーロッパの絵画とか美術品は宗教影響すごいうけてますね~
ぜひそれを確認しに旅行いきたいものです

投稿: 管理人 | 2005年11月15日 (火) 01時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102580/7094110

この記事へのトラックバック一覧です: 天使と悪魔:

» 天使と悪魔 [勇気凛凛]
「ダ・ヴィンチ・コード」で有名なダン・ブラウンがその前年に書いた小説。 「ダ・ヴィンチ・コード」の大ヒットによりシリーズ第一弾の本書も脚光を浴びることになった。   主人公は「ダ・ヴィンチ・コード」と同じロバート・ラングドンである。 こちらの方を先....... [続きを読む]

受信: 2005年11月14日 (月) 10時55分

« 最近はじめたこと | トップページ | 驚愕の事実 »