« 耳コピー | トップページ | Pです »

ラ・フォル・ジュネ・オ・ジャポン 2008

会社から支給された
SodtBankケータイ充電のしかたがわかりませぬ
充電切れてすでに1週間以上crying
↑充電コードを会社に忘れてただけでした。


今年も行ってきました!
「ラ・フォル・ジュネ・オ・ジャポン」

今年で4回目と開催年からずっと行ってたんだけど
初めてクラシックを最前列で聴くっていうこともやってみたよ。

ちょっと新鮮で、指揮者やら演奏者の顔や手技がよく見えるのは
いいのだけど自分の目の位置が定まらないのが難点。
どこに集中して見ていいのかわからなくてキョロキョロしちゃうんだな。

1つ1つの楽器の音を聴くにはいいけど
全体のハーモニーを聴くならやっぱり真ん中より後ろがいいさね。

でもおかげで燕尾服がどうなってるとか
声楽の女の人はアクセサリー豪華とか無駄な知識は増えました。
コントラバスの人の椅子は足かけるところがあって、
奏者は足かけながら弾いてるとかさ。

今回は5公演聴いて合唱やら3重奏やらいろいろな分野を聞いたけど
中でもおもしろかったのは「レネゲイズ・スティール・バンド・オーケストラ

こんなん↓を使って演奏するんだけど
Img10301121351

まんま見た目ドラム缶のもあったんだけど
音もドラム缶とは思えない音するんだよ。

トリニダード・トバゴ共和国で生まれた楽器らしいんだけど
確か植民地時代の時に音楽を取り上げられ、ドラム缶を改造して
作ったところからできたとかって前TVで言ってた。

だからってわけじゃないけど演奏者は黒人の方たち。

う~んかっこいい。

演奏後に指揮者と握手しちゃったよ。

|

« 耳コピー | トップページ | Pです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102580/41119666

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォル・ジュネ・オ・ジャポン 2008:

« 耳コピー | トップページ | Pです »