イタリア

とうとう最終日、すべてまわれるか!?

6時起床

ズッキーニあきらめました。

なので3日目にして初めてウェイターにカフェラテ注文。


今日はヴァチカンにあるヴァチカン美術館に行こうと思います。
なのでA線。

8時50分くらいに着いたのにすごい行列です。

しかも間違えて団体客の列に並んでたところ、
同じ日本人観光客の女の人(1人できてた)に個人客の列を教えてもらった。

はっきり言ってここで間違えて並ぶことは美術館に入れないのと等しい。
それくらい混んでる。

だからこの親切はすごい助かりました。

個人客の列も相当並んでて、あまりにも暇だから




00

美術館壁に住むハト激写。
なんでもない写真のくせに、このショット撮るのに時間かかってます(泣




さらに暇なので




P1010762

美術館への行列激写。

そんなことして2時間半経過してやっと入れました。

ここの美術館は今まで見てきた美術館をはるかに超すぐらい

おもしろい!!!!

よくこんなに沢山の作品集めたもんだ。
見せ方もおもしろいし、建物の造り自体がいいね。

P1010766

P1010774

これ天井。
天井まで絵だらけ。
しかも写真基本OKでこの天井絵寝転がって撮ってる人いたくらい。

私は床においてタイマー撮影だけどね。

唯一この美術館で写真を撮ることができないのは
システィーナ礼拝堂。

美術館を歩いて行くと最後にある場所。

ここではコンクラーベも行われるほど神聖な場所。
カメラ厳禁、私語厳禁。

まさかイタリアにまで来て


   「シー!!!」って注意されるとは思わなかったよ

でもそれくらいここはすごい。
正面壁にはミケランジェロ作「最後の審判」や天井にはフレスコ画

いやいや参りました。

今回の旅最後は、前日行けなかった

  コロッセオ

P1010839


ここも結構並びましたよ。1時間弱。

この崩れ具合がなんとも・・・。
中央の迷路みたいなところで奴隷と猛獣を戦わせてらしい。
恐ろしいこと考えるよね。

これでローマ旅行はおしまい。
なんとか見所はすべておさえたんじゃないでしょうか。

これから北京経由で17時間の旅

そう!AirChineの機内食に出てきたザーサイおいしいよ。
これだけで茶碗飯1杯はいけるね★


==========雑談==========
イタリアのカプチーノ、カフェラテのレベルの高に感動した私は
滞在中に6回も注文しました。

だけどすべてのお店がハイレベルだったわけではなく
紹介したお店以外ではダ・ヴィンチ空港の中の3つしかハイレベルでは
ありませんでした。

なので3勝3敗の引き分け

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローマ時代を感じる場所へ

本日起床7時

朝食バイキングからズッキーニが消えました(泣


ローマには大きい地下鉄が2本
A線B線となんとも覚えやすい。

昨日のヴァチカン回りはA線。
今日はB線を使ってローマ遺跡をまわりたいと思います。

やたら頭に残る駅名
  『チルコ・マッシモ』で下車


まずは、ローマ公共浴場跡 カラカラ遺跡


ここでだまされていけないのは、チルコ・マッシモからすぐ見える遺跡。
これカラカラ遺跡かと思いきやパラティーノの丘。


・・・やられた

カラカラだと思って歩いてたら真逆方向行ってました。



しょうがないので、そのまま真逆へ歩いて 真実の口

P1010723

教会の一箇所に設けてあって、入場料とか一切なし!
太っ腹だな~、ここで少しでもお金とればかなり教会潤いそうなのに。




俗物なこと考えてしまいました。



そんなこと考えてるからか、雨本降り

しょうがないから、手袋と傘を取りにホテルへ。
誰だー、イタリアは日本より暖かいなんて言ったのは。かなり寒いよ!

ホテルへ戻って一旦お茶してから今度は、今度こそ

カラカラ浴場跡へ

P1010731


ガイドブックに★2つだったっていうのもあるのか

ガラガラ浴場跡 でした。

でもここって何気にオススメです。
もちろん観光客が少ないっていうのもあるけど今たくさんあるスパ施設と
見比べても劣らないほど広い!

ローマ人の娯楽施設にかける情熱がわかるね★


続いて先ほど勘違いしたパラティーノの丘へ

丘から遺跡フォロロマーノが見下ろせるところがあるらしい。
結構歩き回ってみつけました

フォロロマーノ

P1010742

ホント、ローマは遺跡多いよ。
だからかなり歩き回る。

もうすでに限界が・・・・。
そして恐ろしく寒い。

凱旋門、コロッセオの前に昼食して一休みしよう。

一休みしたら






  コロッセオ受付終了してたー
                                     Σ( ̄□ ̄;;;)!!


なんてことだ。ガックシ_| ̄|○

しょうがないから今日はひとまず写真だけ撮って帰ります

P1010761


| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだ歩くよ

感動した後はサンタンジェロ城

P1010661


かっこいいな~
このお城に続く橋がまたすごいんだ。
数体の石造が橋を囲んでお城に続いてるの。

P1010660

ちなみに写真の彼は
この橋にいた大道芸人。
お金を入れるとおもしろい動きをしてくれる。

もちろん私も入れました!

他にもこの橋のそばには絵がたくさん売ってたりいかにも偽物のカバン等を売ってる黒人さんがいました。

路上販売でおもしろかったのが カメラ三脚

これって意外とイイトコついてると思うんだけど、売れてませんでした。


続いて向かったのはスペイン広場

002

人が多いとは聞いてたけどまさかこれほどまでとは。

私がここで気になるのは1点。
あの階段を登りきったらどれだけ
きれいな景色またはきれいな教会があるのかということ。

というわけで上ってみました。






       期待はずれでした。




これまた想像をみごとにはずしてくれるほど、普通の道があるのみ。
高台から見た景色も人の渦があるだけで、なんとも・・・。

気をとりなおしてティータイム。
スペイン広場そばの老舗お店 『アンティーコ・カフェ・グレコ』

P1010680


お、おいしい。本日3度目の感動。
ここではカプチーノを注文。なんて濃厚なんだ★

たださすが老舗、ケーキとカプチーノで14ユーロでした。

そしてトレヴィの泉

ここもかなりの人、人、人です。
帰ってきてたから知ったのだけど、

泉に1枚投げると、またこの地にこれますように
2枚だと恋愛成就
3枚だと破局

だそう。破局って・・・わざわざイタリアまで来んでも・・・ね。

トレヴィのそばで今度はお土産用に

P1010715

ピノキオえんぴつ

いかにもイタリアのお土産っぽくていいんじゃないでしょうか。
もちろん一人でこんなに買ったんじゃないですよ、友人と半分コ。


本日最後に回ったところ

P1010700

レプッブリカ駅そばにある共和国広場

すごいきれいだったよ。

それにしても1日に観光する数相当だったな。
かなり足疲れました

友人はホテルで足湯をしてました。
なんてお洒落なことを!(いや洒落てはいない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海外へ来たら行きたい市場

私達の泊まったホテルはアリストンHOTEL

ローマ最大の駅テルミニ駅からわずか3分くらいの位置にある
4つ★ホテル(←これが言いたかった)

暖房の効きがイマイチだったのは置いておいてお風呂がね、広いんです。
さすが公共浴場がたくさんあったローマだ!(関係ない)

2日目は6時に起床して朝食バイキング
おいしかったなぁ~
  オリーブオイルでいためたズッキーニとスクランブルエッグ。


まず本日は青空市場こと『カンポ・デ・フィオーリ』へ

P1010619

私の理想はここでオレンジとか買って食べ歩きたかったんだけど
予想に反してそのテンションになれるほどは市場盛り上がってませんでした。
なのでここは写真だけ撮って退散。




次はローマといえば・・ヴァチカン!

というわけで『サンピエトロ寺院』へ

P1010622


めざすはあの円状の屋根「クーポラ」
クーポラへ行くにはチケットを購入7ユーロ
7ユーロチケットは途中までエレベーターで行けるというもの。

・・・か、かなり階段多いですよ。
エレベーターという裏技(?)まで使ったというのに上った階段数250段以上!!
しかも階段幅が狭かったり斜めだったり。

なんとかして着いた景色がこれ

P1010639


上った甲斐ありました。感動です (*/□\*)うわぁ~ん


ランチはサンピエトロ寺院そばの名も覚えていないレストラン。

びっくりしました。
      ここのカフェラテのおいしさに!

さすがイタリアだなって心底思ったね。
もうね、味が濃いのなんのって。

あまりのレベルの高さにイタリアにいる間は
カフェラテまたはカプチーノを飲み続けようって誓った瞬間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AirChineで行ってきました★

なんと北京経由で16時間かかりました!

最近どうも旅行前日に仕事が大量に降ってくる傾向がある
気がする。
今回もそれで、22時すぎまで残業。
例のごとく旅行用意をまだしていなく、就寝2時半。

起床4時半!!!!


今回は北京経由でローマ5日の旅

P1010613

なにげにありそうでない飛行機からの富士山





イギリスでテロ未遂事件以来、欧米は水分持込み禁止





欧米か!!! ・・・欧米です。



なのに乗り換え地、北京から搭乗するお客さん水堂々と持ってらっしゃる。

搭乗口にはこれまたいつもより多めな空港の人たち。


どうなるんだ(ドキドキ)
    あの人達がスルーできるならうちらも・・






        完全スルーだーΣ( ̄□ ̄;;;)!!



一体あの搭乗口のそばにいる空港関係者は何をやっているのだろうか???


そんなんで、水持ち込みました。

AirChineは親切だね。
なんたって食事してすぐに来るクラッカー。
                  ・・・・むせます


爆睡したせいかイタリアずいぶんと早く着いた気がするよ。

到着した空港は
  『レオナルド・ダ・ヴィンチ空港』


そして飛行機よりも長く感じた入国審査
まだ21時だと言うのにあいてるゲートわずか2つ。うち1つはEU用。

なぜこんなに待たされる?っていうくらい待った。
1時間近くまったんじゃなかろうか?

時間を計ればEUの人わずか4秒に対してEU以外の人2分以上(短くて)

参った

おかげで空港外で待っていた送迎のイタリアおじさんあせってたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)